薄毛の原因は頭皮の乱れ

薄毛で悩んでいる女性は意外と多いとされているのですが、そうした女性の薄毛の原因は何かと言うことです。

これは主にホルモンバランスの乱れや、頭皮の何らかの疾患が起こるといったこと、要は頭皮のトラブルが原因となっていることが多いとされているのです。

どのようなトラブルなの?

どのようなことにより頭皮のトラブルが起こるのでしょうか。

トラブルが起こる大きな要因の一つには、自分に最適なシャンプーが使えていないというところがあります。

シャンプーは髪の毛の汚れを落とす力を持っているわけですが、自分に合ったものを使えていない場合にはトラブルになることがあります。

またシャンプーの使い方自体を間違っていると同じくトラブルになることがあります。

シャンプーの種類にも注意して

そもそもシャンプーを使うのならば、成分は天然由来のものを使ったほうがいいでしょう。

よく泡立つ安価なシャンプーがありますが、主に界面活性剤が多く使われているものです。

頭皮の汚れも落としてくれるのですが、それ以上に女性の頭にとって必要となる皮脂まで余計に落としてしまうのです。

皮脂が落ちるのはいいことと思うかもしれませんが、頭皮を保護する役目を持った皮脂もなくなってしまうと、頭皮が刺激にさらされてしまうことになります。

それによって頭皮のトラブルが起こる可能性も出るわけです。

他のトラブルの原因

それだけではなく、髪の毛を洗わない場合にもトラブルが起こることがあります。

髪の毛を洗わないと、ふけが溜まってしまうわけですが、これが悪玉菌と結びついてしまい増殖してしまうことで頭皮が傷むこともあります。

また、ヘアスプレーやジェルが頭皮についてしまうことでもトラブルが起こる可能性があるのです。

毎日シャンプーをしてきれいにしているつもりでも、ヘアケア製品が自分に合ったものでなければ頭皮にダメージを与えてしまいます。

知らないこととはいえ、ダメージが蓄積していくと薄毛になってしまう可能性があるのです。

こうしたことは、ヘアケア製品を作るメーカーとしても意識はしているようで、男性用と女性用が分けて開発・販売されているというところもあります。

ダイエットやストレスも

頭皮に異常が現れるのはこうした点が原因となりますが、それ以外のことが原因で頭皮が傷つくこともあります。

特に、ストレス、それにダイエットなどで薄毛になったと言う場合においても、きっちりと病院で診てもらうようにすることをおすすめしたいです。

育毛剤と薄毛について

薄毛に悩んでいる女性は、実はたくさんいるものです。

元々女性自体は髪の毛が多い傾向がありますが、それだけに薄毛の症状がでた場合にはショックを受ける可能性も高くなることでしょう。

女性専用の育毛剤とは

人によりますが、女性自体薄毛になりにくいものですが、そのような女性に向けた育毛剤を使うことによって効果を得ることができるのです。

現在、男性用の発毛剤や育毛剤がたくさん販売されているように見えるのですが、実は女性用の発毛剤や育毛剤もたくさん販売されているのです。

ここで注意したいのは、できる限り性別に合ったものを使うことを心がけるというものです。

そもそも、男性用の育毛剤は女性に対しては刺激が強すぎるのです。

男性用の育毛剤の場合はアルコール分がたくさん含まれており、頭皮の洗浄が主な目的となっているのに対して、女性用の育毛剤は頭皮の保護を重視したものとなっているので保湿効果の高いものが主になっているのです。

そもそも男性用と女性用ではそのコンセプトが異なりますから、違う性別のものを使うと効果が十分に得られないわけです。

どんなタイプがある?

発毛剤や育毛剤は、ものにとってタイプが異なります。

サプリメントのものもありますし、スプレータイプのものもあります。

どれを選ぶべきかというのがありますが、ポイントになるのは、自分に合ったものを選ぶことです。

これが実は大切なところで、薄毛の改善ができるかのポイントともなります。

見分けるポイント

育毛剤と発毛剤とでは明確な違いがあります。

育毛剤は髪の毛を増やすことを目的とはしておらず、育てることにウエイトが置かれているものです。

そして、発毛剤は髪の毛を増やすことに重きを置いたものとなっています。

本気で育毛や発毛を考えているのならば、まずはどちらのタイプのものを自分が欲しているのかをしっかりと意識した上で購入をすることをお勧めします。

自分に合ったものを使うことによって、最終的な薄毛対策に繋げることができることでしょう。

運動で薄毛解消

女性の方で薄毛に悩んでいる方は、実は運動をするといいことが分かっています。

身体にとってもいいですし、髪の毛を元気にすることができるというのはとてもうれしいものです。

要は、運動不足は女性の髪の毛にとって良くないということです。

血行不良になりやすい女性

女性が薄毛になってしまうことの原因の一つに、運動不足が原因となった血行不良というものが挙げられるそうです。

もちろん血行不良に関しては様々な要因がありますが、運動不足はその中でも代表的と言えるものがあるのです。

頭皮の血行が良くなければ髪の毛が健康的に育ちませんから、まずはここを見直すことは大切なことです。

酸素も不足する

運動不足が続いてしまうと、心肺機能の低下が起こりますし、それによって心臓も収縮していき、体内に取り込むことができる酸素の量も減ってしまいます。

そうなってくると、今度は脳に酸素を十分に送ることができなくなってしまうのです。

そして、髪の毛に対しても十分な栄養を送ることができなくなります。

栄養が行かないということは、当然髪の毛も成長できる要素がなくなってしまうわけで、それが薄毛になってしまうことの理由になるわけです。

こうした状況を改善させるためにも、運動はとても大切なのです。

有酸素運動を

この運動で大事なのは有酸素運動です。

有酸素運動ならば、体内の脂肪を燃やすことができますから、肥満解消はもちろん、血行促進に新陳代謝の増加も期待することができるわけです。

有酸素運動でも代表的なのはジョギングです。

身体に対しての負担も少ないですし、そこまで早いスピードで走る必要もありません。

育毛に余分なものを排出できる

ジョギングをして汗をかくことにより、体内にある余分な活性型男性ホルモンも一緒に排出されます。

このホルモンが実は薄毛の原因とも言われていますから、ジョギングを毎日行い、余分なものを排出させることを意識した方がいいでしょう。

これ以外にも心肺機能を高めてくれる期待が持てる、水泳をするのも効果的だとされていますから、近くにスポーツジムがあるようならば導入してみてはいかがでしょうか。

喫煙と薄毛の関係

今の時代、タバコを吸っている女性は多いと思います。

健康のためにタバコは止めようという動きもありますが、それでもやはりそこまで珍しくはない光景と言えるでしょう。

ちなみに、タバコは女性の薄毛と深い関係があることが判明しているのです。

髪の毛の大敵です

タバコはそもそも体にとって有害なものです。

タールやニコチン、それ以外にもタバコには数百数千もの有害物質が含まれているため、正に身体を壊すことを目的とも言えるものです。

そんなわけですから、身体はもちろん髪の毛に対しても悪影響がないわけがありません。

血行が悪化する

タバコを吸うことにより、身体の中の動脈に収縮が起こります。

これにより、血液は十分に体内に行き渡らなくなってしまいます。

この状態になると、本来頭髪に届くはずだった血液が届かなくなってしまいます。

当然血液が運ぶ予定にしていた栄養素も届かないため、結果的に抜け毛、薄毛といった症状になってしまうのです。

そして、タバコは体内の活性酸素を増加させてしまいますから、DNAすら傷つける可能性があるのです。

そういうわけで、タバコがいかに頭髪にとって良くないものであるかが分かるはずです。

タバコを止めるためには

実のところ、単純にタバコをやめることができれば、個人差はありますが髪の毛の環境は整っていくものです。

ですが、タバコを日常的に吸っている人に対していきなりタバコをやめろというのは無理な話です。

タバコを止めるというよりも、減らすと言った感覚を持っておくと楽になるでしょう。

禁煙しろといきなり言われたところで反対にストレスが溜まります。

薄毛が気になってきたなと思ったとき、タバコを吸っているのならば、今後のことを考えてタバコを減らすことを視野に入れてみるのも決して悪いことではないでしょう。

美容にもいいですし、何よりも健康にとってプラスになります。

人には価値観はありますが、わざわざお金を払って体を悪くする必要性はどこにもありません。