夏は薄毛の原因を作る?

女性は、いつの時期に薄毛になりつつあるということを知るのでしょうか。

実はこれは秋口だと言われているのですが、ここにはきちんとした理由があります。

秋になると気になりだす

これは季節柄抜けやすいと言うわけではありません。

紫外線の強い時期に受けた頭皮のダメージが秋になって表面化しているというだけの話です。

要するに、一番頭皮が弱まっているのは秋口と言っても過言ではありません。

もちろん季節問わずして紫外線は太陽から降り注いでいるわけですが、やはり夏の刺激が一番厳しいというわけです。

もちろんですが、特に女性の場合は薄毛で悩みたくはないところが大きいでしょう。

ですから、秋になってから薄毛に悩まないためにも、その前の季節で薄毛対策を行うことが大切になるのです。

夏の間にできること

基本としては、まずは髪の毛をきちんと洗うことです。

毎日しっかりと髪の毛を洗って、頭皮を清潔な状態に保つことが求められます。

ちなみに、髪の毛を洗うときには頭皮を傷つけないように、指のお腹を使って優しく洗ってあげることを意識しましょう。

そうしないときにまた、週に1回くらいはクレンジングシャンプーを使ってあげてもいいでしょう。

頭皮に紫外線が当たらないように

それから、夏はとても驚くほど紫外線が強い時期になるわけですが、この時期は頭皮に対してのダメージも半端なく高いですから注意しなくてはなりません。

夏の場合は外に出るときには帽子や日傘など、太陽光をできる限り遮る効果があるものを使いたいものです。

クーラーの当たりすぎにも気を付けよう

また、血行不良になってしまう理由のひとつとして、クーラーが挙げられます。

頭皮はもちろんのことですが、体まで血行不良になってしまうとさらに薄毛が促進されてしまいます。

寝るまでの間と、おきたときの少しの間の時間に作動するくらいの気持ちでも十分だと思われます。

ちなみに、夏バテを起こしてしまうと食欲も低下しますから栄養を体に十分に届けることができなくなってしまいます。

これもまた薄毛に繋がる理由となりますから、体調管理はしっかりとして、栄養バランスが乱れないように注意したいものです。