肥満の人は薄毛になるか

薄毛に悩む女性にとって、一番多い要因が肥満です。

これは特に30代を中心として悩んでいるという人が多いとのことです。

全体的に薄くなりやすい

肥満が原因で薄毛になるときには、分け目が薄くなるようなものではなく、全体的に薄くなってしまうことが特徴的だと言われています。

こうした症状は、一気に進行することもあり得ますが、一般的には徐々に進行していきますから初期段階で気づくことはあまりないということです。

では、肥満かどうかについての目安ですが、女性の場合は体脂肪率が30%を超えた場合に肥満と言われることが多いです。

見た目は全然そうは見えなくても、体脂肪率が高い隠れ肥満と呼ばれる女性も中にはいます。

ですから、決して外見だけで判断することはできないのです。

そもそも肥満はリスクが大きい

肥満になると、薄毛になるだけではなく、心臓病や高血圧などの症状も出てきてしまう可能性があります。

ですから、髪の毛のためにも身体のためにも、可能な限り肥満は改善させることが重要になるのです。

もしも肥満を改善させることができれば、体内の機能も正常に近づき薄毛も自然と改善されていくはずです。

ダイエットはゆっくりじっくり

それから、肥満だからと言って焦って痩せることを考える必要はありません。

ダイエットは無理をして急激に体重を落とそうとすると余計に身体に負担がかかります。

数か月で10キロ以上痩せたという人もいるかもしれませんが、基本は1か月に1キロくらいのペースで落としていったほうがリバウンドの確率も下がります。

それに、肥満を改善させた後に体重をキープすることの方が大切です。

薄毛を改善するためにも、まずは肥満の原因を探し出して、その部分の改善から行っていくといいでしょう。