妊娠と薄毛について

薄毛に悩んでいる人にとっては、妊娠や出産のときも同じように悩むことが考えられます。

おめでたいけど

もちろんこれは女性特有の症状ですが、妊娠中に脱毛をしてしまうことがあるのです。

これを分娩後脱毛症と言うのですが、妊娠中や妊娠後に脱毛が起こったという人は実は多いです。

女性特有の悩みと言ってもいいでしょう。

妊娠と言ったらとてもおめでたいものですが、このような症状はいただけませんよね。

では、どうして妊娠していると薄毛になってしまうのかについて紹介します。

薄毛になってしまう理由

これは、妊娠中に起こる、栄養バランスやホルモンバランスの乱れによるものと言われています。

これらのバランスが乱れてくることによって、薄毛の症状が出てきてしまうと言うものです。

ちなみに、こうなるとずっと薄毛のままかという心配もあると思います。

しかし、実は妊娠中にずっと脱毛の症状が出るわけではないのです。

妊娠後期になると、女性ホルモンの量が増えてきますから、自然と抜け毛の量も落ち着いてくるわけです。

ただ、出産が終わって元の状態になると、また髪の毛が抜けるようになってきます。

出産してから数か月はこうした症状が起こることから、やはり焦ってしまう人は多いようです。

安心してください

ちなみに、この状態はずっと続くものではありません。

出産してから大体1年くらい経過すれば自然に元に戻るものですから、特に心配することはないと思われます。

ちなみに、いつまでたっても元に戻る気配がないと言う場合には、専門医に相談してみるといいでしょう。

この時に注意したいのは考えすぎないことです。

それから、高齢出産の場合にも注意が必要です。

この場合はなかなか元に戻らない傾向があり、遅ければ1年以上かかることもありますから、こうした場合にも気になるようでしたら医師に相談してみるといいでしょう。