喫煙と薄毛の関係

今の時代、タバコを吸っている女性は多いと思います。

健康のためにタバコは止めようという動きもありますが、それでもやはりそこまで珍しくはない光景と言えるでしょう。

ちなみに、タバコは女性の薄毛と深い関係があることが判明しているのです。

髪の毛の大敵です

タバコはそもそも体にとって有害なものです。

タールやニコチン、それ以外にもタバコには数百数千もの有害物質が含まれているため、正に身体を壊すことを目的とも言えるものです。

そんなわけですから、身体はもちろん髪の毛に対しても悪影響がないわけがありません。

血行が悪化する

タバコを吸うことにより、身体の中の動脈に収縮が起こります。

これにより、血液は十分に体内に行き渡らなくなってしまいます。

この状態になると、本来頭髪に届くはずだった血液が届かなくなってしまいます。

当然血液が運ぶ予定にしていた栄養素も届かないため、結果的に抜け毛、薄毛といった症状になってしまうのです。

そして、タバコは体内の活性酸素を増加させてしまいますから、DNAすら傷つける可能性があるのです。

そういうわけで、タバコがいかに頭髪にとって良くないものであるかが分かるはずです。

タバコを止めるためには

実のところ、単純にタバコをやめることができれば、個人差はありますが髪の毛の環境は整っていくものです。

ですが、タバコを日常的に吸っている人に対していきなりタバコをやめろというのは無理な話です。

タバコを止めるというよりも、減らすと言った感覚を持っておくと楽になるでしょう。

禁煙しろといきなり言われたところで反対にストレスが溜まります。

薄毛が気になってきたなと思ったとき、タバコを吸っているのならば、今後のことを考えてタバコを減らすことを視野に入れてみるのも決して悪いことではないでしょう。

美容にもいいですし、何よりも健康にとってプラスになります。

人には価値観はありますが、わざわざお金を払って体を悪くする必要性はどこにもありません。