女性の薄毛と食生活について

薄毛と言ったら男性によく聞く話ですが、実は女性にとっても薄毛は見逃すことができない話なのです。

女性が薄毛になってしまうことの原因としては、大きな要因として食生活が関わっています。

高カロリー&高脂肪な食生活

現代人の食生活は高カロリーかつ高脂肪であることが多いです。

それらを食べ続けていることで、中性脂肪が溜まっていってしまうわけです。

それに加えて、頭皮の毛細血管も詰まってしまうことがあるのです。

髪の毛は血液に含まれる栄養素が頭皮に運ばれることにより、髪の毛が成長するシステムになっています。

このシステムが中性脂肪が毛穴を詰まらせてしまうことによって正常に動かなくなってしまい、髪の毛に栄養が十分にいかなくなってしまいます。

要するに髪の毛は成長できないということになってしまうわけです。

髪の毛が薄くなってしまうのは、男性だけだと思っている女性もいるかもしれませんが、栄養が不足してしまうことによる薄毛は男女共通ですから勘違いしないようにしましょう。

食生活を見直そう

これを改善させるためには、根本的な食生活の改善が求められます。

そこで言われるのは、バランスがとれた食生活というものです。

実際、食生活においてバランスがとれていることはとても大切なことであり、薄毛の改善はもちろんのことですし、体質自体の改善にとっても大きな役割を果たしてくれます。

こうした意味でも、女性にとって大敵ともいえる薄毛を予防したければ栄養に対して気を使うことは必須と言えます。

薄毛とツボとの関連性

女性にとっては薄毛は大敵です。

薄毛は見た目的にもいいことはありませんから、ある種の悩みになることもあるでしょうし、時に深刻なものです。

ツボで改善する?

そんな女性の悩みである薄毛ですが、人体にあるツボを使って改善をさせることが期待できるのです。

人体には数多くのツボがあるのですが、その中でも頭頂部にある百会と呼ばれるツボに効果があるとされているのです。

具体的な場所としては、両耳を半分に折り、その上を延長線上で結んだところにあります。

鼻から頭に向かい、延長線上に結んだところにある百会を刺激することにより、薄毛予防の効果を得ることができます。

百会をマッサージする

このツボのマッサージの仕方についてですが、指の腹を使ってマッサージしてもいいですし、爪楊枝を数本まとめて少し刺激を与えるようなものでも構わないでしょう。

痛くならないように、自分ならではのマッサージで頭皮に刺激を与えてあげることが大切となります。

ちなみに、女性の場合はこのツボの周辺が薄毛になるわけではなく、全体的に薄毛になりやすい傾向があります。

ですから、ツボ以外にも血行促進を期待した上で、頭部の全体的なマッサージを行うのも決して悪いことではないでしょう。

注意しましょう

ここで注意したいのは、マッサージはたまにやったくらいでは薄毛に対する効果を期待することはできません。

例えば、筋肉が固まっている状態をマッサージでほぐしたとしても、数日サボってしまったらまた元の状態に戻されてしまうわけです。

頭皮のマッサージについても、その時は血行が良くなったかもしれませんが、数日何もしないでいると、再度マッサージをやり直さなくてはならないと言う欠点もあるのです。

もしも可能ならば、1日5分でもいいのでマッサージを継続して行うことが大切になるのです。

ツボを刺激することにより、頭部の血行も良くなるはずですし、継続して行うことによる薄毛も楽しんでいるのではないかと思われます。

ちなみに、マッサージに対しては即効性は求めないようにしましょう。

別に薬を使っているわけではないですから、継続して続けることにより、優れた効果を出せるように心がけましょう。